大串貝塚ふれあい公園

海に手を伸ばしてはまぐりをとって食べていたという伝説の大男、ダイダラボウのふるさとを再現した『大串貝塚ふれあい公園』。縄文ひろば、国指定史跡の大串貝塚、縄文人の暮らしを紹介した「縄文くらしの四季館」、縄文・弥生・古墳時代の復元住居などがあり、古代の人々の暮らしにふれることができます。
また、奈良の大仏より大きい伝説の巨人「ダイダラボウ像」(高さ15m25cm)があり、体内の階段を上って手のひらからの眺望を楽しめます。