六角堂&茨城県天心記念五浦美術館

明治38年に岡倉天心が自ら設計したもので、「観瀾亭」ともいわれ、朱塗りの外壁と屋根に宝珠を装った六角形の建物です。
周辺は五浦海岸と呼ばれ、大五浦・小五浦の一部は、県初となる国の登録記念物に認定されるなど景勝地としても有名です。
また、近くには茨城県天心記念五浦美術館があり、岡倉天心や横山大観など五浦ゆかりの人々の作品が鑑賞できます。