備前堀

水戸藩初代藩主徳川頼房公の時代、灌漑用水と桜川・千波湖の洪水防止のため、伊奈備前守忠次(ただつぐ)に命じ、築かれた用水堀で、伊奈「備前」守忠次の名から「備前堀」といいます。