涸沼のしじみ

涸沼の銘産として知られるヤマトシジミは、淡水と海水が混じる汽水域にのみ生育します。現在数が減ってきており、大涸沼漁業協同組合による種苗生産などの取り組みが行われています。