安良川八幡宮

応神天皇を祭神とする安良川八幡宮。京都石清水八幡宮から分霊されたと伝わっています。天を射るような本殿脇の杉の巨木は、推定樹齢約1,000年を数えます。高さ35m、幹周り約10mで、国の天然記念物に指定されています。また、「爺杉」と呼ばれ親しまれ、市内では剪定で刈った枝でボールペンを作って販売もしています。