ぶどう狩りの楽しみ方

 

ぶどう

いばらきのぶどうは、収穫体験ができる観光果樹として高い人気があります。7月から10月頃まで、巨峰や皮ごと食べられるヨーロッパ系品種など、いろいろなぶどうを味わうことができます。

ぶどう

ぶどう狩りの楽しみ方について、教えていただきました!

美味しいぶどうの見分け方とは?

ぶどうは木の外側から幹に向かって熟すので、外側になっているものがおいしいです。また、熟しているぶどうは香りがいいので、匂いをかいでみるのもいいです。そして、皮の表面の色にも注目。色がより濃いものの方が甘くておいしいぶどうになります。

美味しいぶどうの見分け方とは

正しい刈り取り方は?

ぶどうの実の下部分を手で支えながら、軸をはさみで切りましょう。下部分を支えないと、下に落ちてしまうことがあるので注意しましょう。

正しい刈り取り方は

美味しく食べる方法とは?また保存方法は?

冷やしすぎると甘味が感じられなくなってしまうので、そのまま常温のまま食べるのが一番おいしいです。保存方法は実を房から切り離し、密封袋に入れて冷蔵庫に入れておけば2~3週間は持ちます。また、冷凍して、シャーベットとして食べるのもおいしいです。食べる時は、冷凍庫から出して少しだけ置いておけば皮もむきやすくなります。

美味しく食べる方法と保存方法は

JA常陸 常陸太田ぶどう部会事務局

電話番号0294-70-3488
ぶどう狩り期間9月上旬頃〜10月上旬頃

常陸太田ぶどう部会ホームページはこちら

◀️「いばらきの果物狩り」へ戻る

このページは2019年10月1日以前に更新されたものです。
各種料金は、各施設にご確認ください。