知っておくと役に立つ!!初詣の参拝作法

年の始まりには、一年の幸せを祈願する「初詣」が欠かせませんね。ところで、初詣の“詣”ってどんな意味があるかご存知ですか?“詣”は「自分の意思で行くこと」。なので初詣は、自分の意思で神社などに行き、きちんと参詣(挨拶)して、今年の目標や叶えたいことを決意表明し、祈願することが大切です。清々しい気持ちで参拝するために、作法をしっかり頭に入れて初詣に向かいましょう♪

1 参道

神社の入り口には、必ず鳥居があります。できれば、一番外側にある鳥居や門から順にくぐって参道へ入りましょう。そして、鳥居や門をくぐる前に一礼します。(帰るときにも、出てから振り返って一礼。)参道を進むときは、参道の中央を進むのはNG。参道の中央は神様が通る道とされているので、端を歩きましょう。

鳥居の前で行う一礼は「一揖(いちゆう)」といわれています。

2 手水舎(てみずや)

参道の脇にある手水舎で、手と口を清めましょう。まずは、右手でひしゃくを取って水をすくい、左手へ水をかけて清めます。次に左手へもちかえて右手を清めます。また右手へもちかえたら左手で水を受けて口をすすぎ、左手を再度清めます。最後に、ひしゃくを立てて、柄の部分に水を伝わるようにして清め、元の位置に戻しましょう。

ひしゃくは多くの人が使うものなので、直接口をつけるのはNG!

3 参拝

神社の場合

拝殿まで来たら、軽くお辞儀をしてお賽銭をいれます。そして鈴がある場合は、始めにしっかりと鳴らします。参拝は「二礼→二拍手→一礼」が基本。参拝方法が異なる神社もあるので、その場所ごとの作法に従いましょう。

寺院の場合

お堂まで来たら、一礼してお賽銭を。ロウソクやお線香を上げる場合もあります。手は打ち鳴らさずに、静かに両手を合わせて拝みます。仏教では、宗派によって拝むときに唱える言葉が違うので事前に調べましょう。

観光いばらき編集部の豆知識

約2700年の歴史をもつ鹿島神宮には、独特の由緒正しき参拝方法があります。それは、本殿へ向かうまえに右の写真で示した「高房社」で参拝するというもの。鹿島神宮・権禰宜は、この2度の参拝について「会社の社長とお会いする時、秘書の方にご挨拶して社長室へいきますよね?それと同じです」とおっしゃっていました!

初詣をもっと楽しもう

勝負の年には正式参拝♪

本殿で神職からご祈祷やお祓いを受けたりすることができるのが「正式参拝」。お正月の時期には、通常よりも多く正式参拝を行っている神社・寺院がほとんどです。場所により初穂料が異なるので事前に準備しましょう。

はやりの御朱印を集めよう♪

最近は、神社・寺院で手に入る「御朱印帳」に各神社・寺院の御朱印を集めるのが人気。御朱印とは、神社・寺院に参拝した「あかし」。お気に入りの御朱印帳をGETして、各地の御朱印あつめにでかけませんか?