いばらきフラワーパーク 4月29日(木・祝)リニューアルオープン

茨城県石岡市

フラワーパークロゴ

1985年の開園以来、多くの方々に親しまれてきた茨城県フラワーパークが、「いばらきフラワーパーク」として、2021年4月29日(木・昭和の日)にリニューアルオープン。「見る」から「感じる」フラワーパークへと装いも新たに生まれ変わります。

いばらきフラワーパークとは

いばらきフラワーパーク

茨城県南地域にある石岡市。筑波山のふもとから車で約20分ほどの、日常のあわただしさを忘れてしまうようなのどかな田園風景の広がる場所に、いばらきフラワーパークがあります。園内には、900種ものバラに出会うことができる「バラテラス」「色別バラ」「香りのバラ」「バラのトンネル」などのエリアをはじめ、四季折々の草花に出会うことのできる森や丘が広がります。
また、さまざまなワークショップや体験を楽しむことができるアトリエ、「バラ農家に招かれる」をコンセプトにしたレストラン、バラをモチーフにした商品を取り扱うマーケットプレイスやカフェなど、まさに“五感”で楽しむ施設がいっぱいです。

インフォメーション

五感で感じるフラワーパークの魅力

茨城県の県花であり、フラワーパークのシンボルともいえるバラをはじめ、シャガやヤマユリ、福寿草、クリスマスローズなど、四季折々の花々を見て楽しむだけでなく、「見る」「聴く」「香る」「触れる」「味わう」の“五感”を刺激する豊かなひとときが、新しい「いばらきフラワーパーク」のコンセプトです。
五感で感じる体験で、花との距離がぐっと近くなります。

いばらきフラワーパーク
いばらきフラワーパーク
見る

いばらきフラワーパークでは厳選された約900種類のバラを見ることができます。四季で変化する「バラテラス」や花の色別に分けた「色別バラ」では、個性豊かなバラの形や色に、思わず見とれてしまうほどです。

聴く

広大な園内には、茨城県石岡市の里山の自然や地形をそのまま生かしたエリアも広がります。散策とともに、川のせせらぎや木々のざわめき、小鳥のさえずりや虫の音など、四季や時間で変わるさまざまな心安らぐ自然の音色が聴こえてきます。

香る

バラの魅力はその見た目だけではなく、ほのかにかおる香りにもあります。「香りのバラ」エリアでは、「ダマスク」「ミルラ」「ブルー」「フルーティ」「ティー」といった香りの違いを感じることができます。

触れる

園内や地元の植物を使用するなど、こだわりのつまった100の体感ができるプログラムが、1年を通じて開催されます。豊かな自然の恵みに直接触れることで、花や自然の新しい魅力に気づくことでしょう。

ボタニカルカードづくり

木のキーホルダーづくり

木のキーホルダーづくり

味わう

「バラ農家に招かれる」をコンセプトにしたレストランでは、野菜のビュッフェやバーベキュー、ペット同伴可能な個室など、さまざまなスタイルで茨城・八郷の新鮮な食材をふんだんに使った料理を堪能できます。
また、天然酵母を使用した地元ベーカリーのトーストや、茨城・八郷の果物を使用したスイーツ、フルーツサイダーなどを味わえるカフェもあり、テイクアウトメニューも充実しています。青空の下でのピクニックなど、フラワーパークを満喫しながらのお食事もお楽しみいただけます。

レストラン ローズファーム ハウス

yasato de toretaレストラン

宿泊ができるロッジやグランピング施設も

キャンプ&リゾート「花やさと山」がいばらきフラワーパークに隣接。山頂に広がる広場には「キャンプエリア」と、アウトドア初心者も気軽に楽しめる「グランピングエリア」があり、宿泊もできるのが特長のひとつです。
宿泊に関するお問い合わせ 0299-42-4181

Information

いばらきフラワーパーク

茨城県石岡市下青柳200番地
TEL:0299-42-4111

開園時間
9:00〜17:00 (12月~2月は16:00まで)
休園日
火曜日 (火曜が祝日・振替休日の場合は、翌日水曜日が休園)、12月28日~1月2日
ただし、4月・5月は毎日開園
入園料
大人 900円、小中学生 300円、未就学児 無料
5月中旬~6月下旬と10月~11月中旬のバラシーズンは大人 1,200円、小中学生 400円、未就学児 無料
アクセス
電車・バスで
JR常磐線「石岡駅」よりバスで約30分(関鉄グリーンバス1番のりば フラワーパーク経由柿岡車庫行き)
車でのアクセス
常磐自動車道土浦北ICから約15分
常磐自動車道石岡小美玉スマートICから約20分
北関東自動車道笠間西ICから約25分
駐車場
900台(無料)

地図

地図画像をクリックするとGoogleマップが表示されます

いばらきフラワーパーク 公式サイトはこちら