詩歩さんオススメ!茨城の絶景スポット10選

国営ひたち海浜公園
花と緑に囲まれた国営ひたち海浜公園。開園面積約215haの広い園内は7つのエリアに分かれており、自然の中で楽しめるレジャースポットや花畑、遊園地などがあります。
中でも、春のネモフィラと秋のコキアは必見です。広大な“みはらしの丘”一面に、約530万本の青いネモフィラが広がる光景はまるでファンタジーの世界。そして秋には、モコモコとしたコキアが紅葉し、丘一面を真っ赤に染め上げます。
茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4GoogleMapを見る
国営ひたち海浜公園
029-265-9001
詳細はこちら
今や世界的に人気のネモフィラ。人気ゆえ混雑必至のため、朝イチの空いている時間を狙いましょう!秋のコキアも必見。
袋田の滝
国名勝袋田の滝は、日本三名瀑のひとつに数えられ、高さ120メートル、幅73メートルの大きさを誇ります。
滝の流れが大岩壁を四段に落下することから、別名「四度(よど)の滝」とも呼ばれ、また一説には、その昔、西行法師がこの地を訪れた際、「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と絶賛したことからとも伝えられています。
茨城県久慈郡大子町袋田3-19GoogleMapを見る
袋田観瀑施設管理事務所
0295-72-4036
詳細はこちら
雨上がりに行くと、顔に水しぶきを感じるほどの大迫力!新緑に紅葉、氷結と四季を通じて様々な表情が楽しめます。
大洗磯前 おおあらいいそさき 神社 神磯の鳥居
大洗磯前神社は、古くから東国の守り神として人々の信仰を集めてきました。御祭神として祀られている、大己貴命(おおなむちのみこと)・少彦名命(すくなひこなのみこと)は、医薬万病平癒、福徳・再縁、再起、再興の神として広く崇敬されています。
御祭神が降り立ったといわれる海上の聖地「神磯」の岩の上に立つ鳥居が、「神磯の鳥居」です。鳥居から昇る日の出を拝もうと大勢の人が訪れます。
茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890GoogleMapを見る
大洗磯前神社
029-267-2637
詳細はこちら
東に面しているので朝日スポットとして人気の場所。初日の出をこの絶景で拝めたら良い1年になること間違いなし!
土浦全国花火競技大会
土浦全国花火競技大会は、全国の一流花火師による芸術的な花火を楽しむことができる大会です。もともとは、大正14年に霞ヶ浦海軍航空隊殉職者の慰霊と不況にあえぐ商店街の復興、さらには秋の実りへの感謝と農民の慰労のために霞ヶ浦湖畔で開催したのが始まりと言われています。
平成12年からは、煙火技術の向上に貢献し、見る人に感動を与えたと認められる最も優秀な花火師に、内閣総理大臣賞が授与されるようになりました。これは、数ある花火大会の中でも土浦と大曲の花火大会だけで授与される賞で、全国の花火師たちの目標となっています。
茨城県土浦市佐野子地内桜川畔(学園大橋付近)GoogleMapを見る
土浦全国花火競技大会実行委員会事務局
(土浦市役所商工観光課内)
029-826-1111
詳細はこちら
わざわざ茨城まで来る価値がある「日本三大花火」のひとつ。職人さんの魂の一発に心が震えるはず。
石切山脈
全国的にも有名な「稲田みかげ石」は、東京駅や最高裁判所にも使われています。その石の日本最大規模の採掘現場は通称「石切山脈」と呼ばれ、話題の絶景スポットとなっています。また、隣接するカフェでは、笠間名産の栗を使用したモンブランを味わえます。
茨城県笠間市稲田4260-1GoogleMapを見る
(株)U-A
0296-74-2537
詳細はこちら
こんな古代神殿のような場所が日本に?と驚くこの場所は現役の採石場!職員さんのユニークな解説は必見です。
日立駅
JR常磐線の有人駅で、ガラス張りで海を眺めることができる駅舎です。
ミニマリズム、洗練性、ディテールの完成度の高さが世界でも高く評価されている、日立市出身の妹島和世さんがデザイン監修しています。
茨城県日立市幸町1丁目1GoogleMapを見る
詳細はこちら
駅徒歩0分でこんな景色が!オレンジ色の朝、海と空の青色で染まる昼、そして夜の夜景も美しいです。
雨引観音(雨引山楽法寺)
雨引観音は、安産・子育て・子授け・厄除け・金運の霊験あらたかな寺院です。6月上旬から7月中旬には美しいアジサイが境内に咲き誇ります。約40年前、「梅雨の時期でも参拝客の心を晴々とさせたい」そんな思いからアジサイが植えられ、今では約100種5,000株にまで増えました。この時期に行われる「あじさいまつり」には、毎年多くの観光客が訪れます。
茨城県桜川市本木1GoogleMapを見る
雨引観音(雨引山楽法寺)
0296-58-5009
詳細はこちら
近年話題の「アジサイ池」が楽しめる歴史ある寺院。境内には放し飼いのアヒルや孔雀がいるので探してみて!
東蕗田 ひがしふきた 天満社
東蕗田天満社は菅原道真公を主祭神として1288年に創建された神社です。
約200メートルある裏参道には40本の桜が立ち並び、夜にはライトアップも行われます。
※参道に三脚を立てての写真撮影は参拝される方の妨げとなるためご遠慮下さい。マナーやルールの遵守にご協力をお願いいたします。
茨城県結城郡八千代町東蕗田242GoogleMapを見る
東蕗田天満社
0296-49-1666
詳細はこちら
夜桜と鳥居のコラボが楽しめる一石二鳥の珍しいスポット!
写真を撮るなら空いている消灯間近が狙い目です。
大洗サンビーチ リフレクションビーチ
リフレクションビーチとは、満潮から干潮に向かう時間、浜辺が海水で鏡のように反射する現象です。国内でも有数の遠浅ビーチとして知られる大洗サンビーチでも、リフレクションを利用してフォトジェニックな写真が撮影できます。
特に日没前、日の出後の薄明かりの時間と被る「マジックアワー」の時間帯は、条件が揃えば誰でも簡単に素敵な写真を撮ることができます。
茨城県東茨城郡大洗町大貫町地先GoogleMapを見る
大洗町商工観光課
029-267-5175

一般社団法人大洗観光協会
029-266-0788
詳細はこちら
美しい鏡面世界が茨城にも!波がひいてビーチの砂を均した一瞬を狙って写真を撮るのがポイントです。
鹿島神宮  御手洗池 みたらしいけ
鹿島神宮は、古文書では神武天皇元年(紀元前660年)の創建と伝えられており、日本全国に約600社ある鹿島神社の総本社です。近代まで「神宮」と呼ばれていたのは、伊勢神宮、香取神宮、そして鹿島神宮の三社のみで、由緒と歴史の長さでは別格の存在です。鹿島神宮の境内にある御手洗池は、1日に 40 万リットル以上の湧水があり、水底が一面見渡せるほど澄み渡っています 。
茨城県鹿嶋市宮中2306-1GoogleMapを見る
鹿島神宮社務所
0299-82-1209
詳細はこちら
澄んだ池を見るには雨の翌日は避けるのがベター。隣接の「湧水茶屋」では湧水で淹れたコーヒーがいただけます!